www オプション

「www オプション」はご申請のコモンネームに加えて、「Subject Alternative Names(以下 SANs)」に以下のいずれかを無償で追加するオプションです。
1 つの IP アドレスで「www.example.com」「example.com」のような、2 つの Web サイトを運営されている場合に本オプションをご利用いただくことで、1 枚のサーバー証明書でご利用いただけます。

コモンネームの先頭に「www」を追加
  • ドメインのみ
    例:cybertrust.ne.jp ⇒ www.cybertrust.ne.jp
  • 「www」以外から始まる FQDN
    例:test.cybertrust.ne.jp ⇒ www.test.cybertrust.ne.jp
コモンネーム先頭の「www」を削除
  • 「www」から始まる FQDN
    例:www.cybertrust.ne.jp ⇒ cybertrust.ne.jp
    例:www.test.cybertrust.ne.jp ⇒ test.cybertrust.ne.jp
対象商品
  • SureServer[SHA-2](for クラウド/MDを含む)
  • SureServer EV[SHA-2](for クラウド/MDを含む)

ご利用について

「www オプション」は申請サイト「SureBoard / SureHandsOn」からお申し込みいただく際、 CSR 貼り付け画面で 「www オプション」項目の「追加する」をご選択いただくことで利用可能です。

CSR 作成や審査は通常の証明書とお申し込みと同様です。

お申し込み画面
ご利用例 1)SureServer でのお申し込み
「www.cybertrust.ne.jp」と「cybertrust.ne.jp」を利用する場合
ご利用例 2)「SureServer MD」を「追加 FQDN 数 1」でのお申し込み
「www.cybertrust.ne.jp」と「cybertrust.ne.jp」と「test.cybertrust.ne.jp」を利用する場合

ご利用の際の注意点

■「www オプション」のクライアント対応状況は「SureServer MD」と同様です。
以下のよくある質問をご覧ください。

■次のような場合は「SureServer MD」をご利用ください。

  • www 以外のホスト名で構成した FQDN をコモンネームとし、ドメイン名を SANS に登録したい場合
  • SureHandsOn をご利用で、ドメインが異なる FQDN を SANs に追加したい場合
  • IP アドレスを SANs に追加したい場合

■申請法人とドメイン名の所有者が異なる場合は、以下にご注意ください。
www から始まる FQDN でドメインの使用を許諾されている場合は、改めてドメイン名所有者より www の無い FQDN / ドメイン名の使用許諾が必要となります。

page top