サイバートラスト

サイバートラスト デバイス ID パートナー ソリューションズ

デバイス ID × シングル サインオン

企業がパブリッククラウドサービスを利用するケースが高まる一方、さまざまなクラウドサービスを利用する際には、運用の煩わしさから同じユーザー名やパスワードを利用するケースも散見されています。また、このような ID/パスワードの使い回しを狙ったアカウントリスト攻撃が拡大していることから注意が必要です。
複数のクラウドサービスへのログオンをシングルサインオンサービスを利用する事によって、企業が許可したアカウントや端末からのアクセスのみに限定することで不正アクセスを防止し、クラウドサービスの利便性を損なうことなく情報資産を保護することができます。デバイス ID は、さまざまなシングルサインオンサービスと連携することでセキュアで利便性の高い認証基盤を提供します。
 


デバイス ID × モバイルデバイス管理

情報漏えい対策やコンプライアンスの観点から情報資産にアクセスする端末を特定することは、今や企業にとって重要な課題となっています。クラウドを活用するビジネスシーンにおいて、特に外出先から業務データなどの情報資産にアクセスする場合にログインを許可するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを厳密に限定・管理し、端末認証を要件とするセキュリティ対策が必要です。
デバイス ID は、証明書が登録されたデバイスからのアクセスのみを許可することで、不正端末からのアクセスを防止し、安全に情報資産を活用できる共通の端末認証基盤を実現します。
 

デバイス ID × セキュアブラウザ

スマートフォンやタブレットの導入にあたっては、社員の私的利用やウェブを経由した情報漏えいなどの課題があります。これらは、セキュアブラウザの利用によって、ウェブを経由した情報漏えいやアクセス状況を可視化することで対策が可能です。
デバイス ID は、セキュアブラウザと連携することでよりセキュアで利便性の高い IT 環境を実現します。
 

デバイス ID × リモートアクセス (VPN)

IT 環境をより柔軟に活用するため、最新のスマートフォンやタブレット端末へのサポート対応の要求がますます高まっています。その中のひとつに、どのような環境からも安全に社内ネットワークへ接続するためのセキュリティ対策が挙げられます。
多くの VPN 機器は、デバイス証明書による認証方式に対応しています。デバイス ID は、PC やスマートフォン、タブレットなどさまざまなデバイスに証明書を登録することができます。証明書が登録されたデバイスからのアクセスのみを許可することで利便性を損なわずセキュリティ強度を高めることが可能です。