サイバートラスト

サイバートラスト デバイス ID 導入のメリット

ビジネスを加速させるために


モバイルの進化、そしてクラウドの利用が進むことで、企業が扱う IT が劇的に変化しています。一方で、セキュリティに関しては管理対象のモバイル端末が多様化したこと、クラウドなどネットワークの多様化により、IT 担当者も頭を悩ませているのではないでしょうか。

しかし、IT が変化し、享受できるメリットも増えています。実はセキュリティの役目は、IT を最大活用するための"土台"となること。サイバートラスト デバイス ID なら、多様化する IT にワンストップでセキュリティを確保できるほか、パスワード漏洩によるリスクや、ネットワークアクセス時のパスワード入力などから社内ユーザーを解放することもできます。セキュリティを「備えなければならない」ではなく「ビジネスを加速させる」ために。サイバートラストはそれを最も大切に考えているのです。

企業からの視点

課題:社会的な立場から、情報の漏洩を起こしてはならない。コンプライアンスを強化したい。

解決:情報資産へのアクセスをワンストップで管理することが可能です。盗難、紛失、ウイルス侵入など、漏洩リスクが発生した場合、即座に通信網から端末を切り離すことができます。


経営者からの視点

課題:投資対効果が見えないのでセキュリティにコストをかけられない。

解決:情報資産へのアクセスをワンストップで管理することが可能です。盗難、紛失、ウイルス侵入など、漏洩リスクが発生した場合、即座に通信網から端末を切り離すことができます。


IT 管理者からの視点

課題:IT 投資が減っているため、少数の IT 担当で多岐に渡る端末を管理しなければならない。

解決:現在普及しているモバイルを含む OS、通信方法に対応しています。管理画面から一元的に管理できるほか、OTA を使って設定も行えます。管理と運用の手間を軽減し、少人数でも対応できます。


利用者からの視点

課題:セキュリティ強化と言われても、メール確認のたびにパスワードを入力するのは面倒。

解決:事前に認証局に登録された情報を元に端末から社内へのアクセスを制御。パスワードでの認証をデバイス証明書による認証に置き換えれば、入力の手間を省き、個人で使っている端末と同じような使用感を維持できます。

強固なセキュリティとトレードオフになっていたID・パスワードによる認証の手間を大幅に軽減できます。

「防ぐ」のではなく「認証する」ことで安全性を担保。アンチウイルスソフトや端末搭載のロック機能など「防ぐ」セキュリティと併用することで、幾重にもセキュリティを施すことが可能です。

IT に関する悩み、不安をなくし、メリットを最大享受できる"土台"を築きます。セキュリティを確保することで、社内の IT 環境の信頼性、活用頻度を上げることも期待できます。