サイバートラスト

スマートデバイスセキュリティ導入事例

BYOD の実現で社員のモバイルの活用を加速。企業情報システムを陰で支える、サイバートラスト デバイスID。
サイバートラスト デバイスID」の導入で、BYODによる社内情報共有システムの利用が可能になり業務の効率化とセキュリティ強化を同時に実現。
お客様のグローバル化に対しAmazon Web Services(AWS)活用で対応。デバイスIDとBIG-IP APMを導入し、よりセキュアなユーザー認証を実現。