SSLサーバ証明書について、よくある質問を掲載しています。

SureBoard / SureHandsOn

SureBoardについて

ID・パスワードはどのように取得をするのですか?
SureBoardログイン画面より、「SureBoard IDを取得する」をクリックし、登録手続きを行ってください。
page top
SureBoardの効果的な利用方法について
SureBoardでは、ユーザグループを形成し、グループ内でSSLサーバ証明書の管理を行うことができます。
同じ法人の部課単位でグループをお作りいただくと、効率よく証明書の管理を行っていただけます。
グループの作成方法は、事項のFAQ「ユーザグループの作り方について」をご覧ください。
page top
ユーザグループの作り方について
初めに管理者となる方がSureBoardのIDを取得してください。

その後、管理者のIDでログインし、他のメンバーを追加登録していただくと、追加登録されたメンバーとユーザグループを形成することができます。ユーザグループ内であれば申請情報の共有や証明書情報の移管等の便利な機能が利用できます。
page top
ID・パスワードの変更は可能ですか?
IDは変更できませんが、パスワードは変更可能です。変更方法については、SureBoardユーザーマニュアルをご覧ください。
page top
ID・パスワードを忘れてしまいました。
SureBoardのログインIDを忘れた場合、アカウントを取得した手続き担当者ご本人より、サイバートラスト宛てにご連絡ください。
登録情報にある連絡先あてに、サイバートラストから折り返しお電話をさせていただきお知らせいたします。

【SureBoardのログインID忘れのご連絡先】
サイバートラスト総合受付
電話:0120-957-975
E-Mail:servicedesk@cybertrust.ne.jp
受付時間:土・日祝祭日除く9:00~18:00

SureBoardのログインパスワードがご不明の場合は、SureBoardのログイン画面のログインボタン下の「パスワードをお忘れの方 」より仮パスワード発行手続きを行ってください。

 【SureBoardのログイン画面】
 https://sstra.cybertrust.ne.jp/IRA/loginSb/

仮パスワードの発行には、アカウント取得時に設定した「パスワード通知アドレス」の入力が必要です。 「パスワード通知アドレス」がご不明な場合、上記サイバートラスト総合受付までお問い合わせください。

仮パスワードの発行の手順詳細につきましては、「SureBoardユーザーマニュアル」にてご確認いただけます。
現在利用中の証明書情報がSureBoard上に表示されません。
ユーザグループとして紐付いていないIDからお手続きいただいた証明書情報や、SureBoardサービス開始以前に発行された証明書の場合、一覧に表示されません。
page top
SSLサーバ証明書の更新方法を教えてください。
SureBoardにログインいただき、更新一覧からお手続きいただけます。
更新フローにつきましては、以下ページにてご案内しておりますのでご確認ください。
page top
登録済みの手続き担当者を削除することはできますか?
複数の手続き担当者が同じユーザグループで登録されている場合、「管理者」として登録されている手続き担当者であれば、他の手続き担当者を削除することができます。

「管理者」として登録されている手続き担当者のアカウントでSureBoardへログインし、「登録情報変更」より手続き担当者を削除してください。

手続き担当者が1名の場合は、削除することはできません。

手続き担当者の削除についての詳細は、SureBoardユーザーマニュアルをご覧ください。
page top
登録済みの申請責任者情報、請求書送付先を削除することはできますか?
SureBoardに登録いただいている申請責任者情報、請求書送付先情報で、証明書申請に使用されていない情報に限り、SureBoardの「登録情報の変更」画面より削除することができます。
しかしながら、証明書申請に一度でも使用されている申請責任者情報、請求書送付先情報の場合、削除することができかねます。
申請責任者情報の変更等の詳細は、SureBoardユーザーマニュアルをご覧ください。
page top
証明書情報を別の担当者へ引継ぐことができますか?
「登録情報の変更 - 証明書情報の移管」機能を使用して別の手続き担当者に証明書を移管することが可能です。 SureBoardユーザーマニュアルをご確認ください。

SureBoardユーザーマニュアルは、以下よりご覧いただけます。
page top
SureBoardからのお申込みで「サーバソフトウェアの種類」には何を入れたらよいですか?
プルダウンメニューからお使いのサーバをお選びください。

お使いのサーバが不明な場合や、プルダウンメニューに含まれていないサーバをお使いの場合は「その他」を選択してください。

「サーバソフトウェアの種類」は、サポートの参考情報としていただいておりますので、発行される証明書に影響があるものではございません。

万が一、選び間違えた場合でも問題なく証明書をお使いいただけますのでご安心ください。
page top
SSLサーバ証明書の乗換申請の方法を教えてください。
SSLサーバ証明書の乗換申請の方法については、以下ページにてご確認ください。
page top
証明書情報を日本語にする方法を教えてください。
SureBoardからの証明書申請時、英語、日本語のいずれかを選択します。

表記選択について
CSR入力画面の表記選択で、証明書情報に含まれる値を選択します。
※1 コモンネーム(CN)
CSRに指定した値が反映されます。
※2 組織単位名(OU)
自由入力にチェックすると、英語、日本語を問わず任意の値を設定することができます。
入力できる文字数は最大64バイト(半角英数字は64文字、日本語は20文字)です。
チェックがない場合、CSRの値を使用します。
※3 組織名(O)
英語、日本語ともにSureBoardの申請法人名の値を使用します。
英語を選択できない場合は、申請法人情報入力画面で申請法人名(英語表記)に値を登録してください。
※4 市町村名(L)
※5 都道府県名(S)
英語はCSR、日本語はSureBoardの申請法人の住所の値を使用します。
※6 国名(C)
CSRに指定した値を使用します。
※7 鍵長
CSRに含まれる鍵長です。

表記選択後、『組織名 (O) のバイト長が最大値(64)を超えています。』のメッセージが表示される場合は、次のFAQをご覧ください。
page top
『組織名 (O) のバイト長が最大値(64)を超えています。』とメッセージが表示され、先に進めません。
CSR入力画面において、次の条件が重なったときに起こります。

  • 組織名(O)の表記選択で日本語を選んでいる
  • 組織名(O)に使用する日本語が20文字を超えている
組織名(O)の表記選択で英語を選択してください。
日本語を選択する場合は、申請法人情報入力画面に戻り、申請法人名を20文字以内に変更してください。
 ※組織名(O)の文字数は最大64バイト(半角英数字は64文字、日本語は20文字)です。
申請法人名が20文字を超える場合、"株式会社"などの表記は"(株)"等に変更して構いません。
※環境依存文字は使用できません。
それでも20文字を超える場合は、SureServer EV係( ) あてにご相談ください。
page top