1. HOME
  2. 製品・サービス
  3. SureServer
  4. サポート
  5. iPlanet Web Server 4.1 CSR作成手順(新規用)

iPlanet Web Server 4.1 CSR作成手順(新規用)

Alias名(エイリアス)の設定を行い、そこにパスワードで暗号化された鍵ペアファイルを作成し、また、作成された鍵ペアをもとに、お申込みデータ( CSR )を作成します。
Alias名(エイリアス)とは : 鍵ペアファイルとSSLサーバ証明書を保存するディレクトリの別名です。

鍵ペアの作成

1.仮想サーバの作成
コンソール画面から次の順でクリックし[Servers タブ > Add Server]、任意のサーバ名、ポート番号等を入力し、[OK]を選択します。
SSLサーバ証明書ウィザードの起動
2.仮想サーバの設定【1】
作成した仮想サーバの詳細設定を行います。[Configure your new server...]を選択し、[Preferences]タブの[View Server Settings]等の詳細設定を行ってください。*既に仮想サーバを作成されている場合には、1、2の設定は不要となります。
新規の証明書の作成
3.仮想サーバの設定【2】
[Manage Servers]を選択し、「Select a Server」から現在運用されている仮想サーバを選択し、[Manage]ボタンをクリックします。
鍵のビット長を選択
4.インスタンス用データベースのパスワード設定
[Security]タブを選択し、[Create Database]で、インスタンス用データベースへのアクセスパスワードを設定します(パスワードは、半角英数字の英字と数字の組み合わせで、8文字以上をご指定ください)。
※以後、作成された仮想サーバを運用する際に重要な情報となりますのでパスワードについては厳重に保管してください。
インスタンス用データベースのパスワード設定
page top

CSR ファイルの作成

1.CSR情報入力(1)
[Security] の[Request a Certificate]を選択します。以下の項目を入力してください。
  • [New Certificate]を選択してください。
  • CA Email Address」 : 担当者自身の電子メールアドレスを入力します。
    注)サイバートラストのアドレス、URL を記述しても、お申込みは受理されませんのでご注意ください。
  • Key Pair File Password」 : 鍵ペアのパスワードを入力します。
CSRファイルの情報入力
2.CSR 情報入力(2)
[Requestor Name]以下、下記ルールに従って正確に入力ください。
Netscape 項目 入力内容 入力例
Requestor Name 担当者の氏名 Administrator
Telephone number 担当者の電話番号 03-5212-3770
*Common Name コモンネーム サーバのFQDN名(サーバ名+ドメインネーム)を記述してください。 www.cybertrust.ne.jp
Email address 担当者のEmailアドレス admin1@cybertrust.ne.jp
*Organization 組織名(英文) Cybertrust Japan Co.,Ltd.
*Organizational Unit 部門名(英文)空白以外の任意の文字列を入力してください。
負荷分散の場合は、server1、server2など。
Technical Division
*Locality 組織の本店所在地の市町村名(東京23区のみ区名) Chuo-ku
*State or Province 組織の本店所在地の都道府県名 Tokyo
*Country ISOコード(2文字)JP固定とします JP
*印について
証明書のDistinguished Name(識別名)記載項目です。
CSRに含まれます。
必ず空白以外の文字列を入力してください。
識別名の各項目についての説明をご覧ください
入力された項目が正しければ[OK]をクリックしてください。
CSRファイルの情報入力
3.CSRファイルの保存
画面をスクロールして、始めの「-----(" - "が5個)」の部分から終わりの「-----(" - "が5個)」の部分までをコピーし、任意の名前で保存してください。
CSRファイルの情報入力
4.鍵ファイルのバックアップ
鍵ファイルを必ず別なメディア(FD等)にコピーして、安全な場所に保管してください。
デフォルトでは、以下に保存されています。必ずペアで保管してください。
/alias/https-<サーバインスタンス名>--key3.db
/alias/https-<サーバインスタンス名>--cert7.db
page top