1. HOME
  2. 製品・サービス
  3. SureServer
  4. 目的別
  5. 経費節減をお考えのお客様へ

経費削減をお考えのお客様へ

SSLサーバ証明書を複数ご利用のお客様、またはエンドユーザーのSSLサーバ証明書を管理されているお客様はサイバートラストSSLサーバ証明書の申請・更新・管理ポータルSureBoard、即時発行ポータルSureHandsOnのご利用により証明書の管理負担が軽減されます。また利用枚数に応じてコスト面でもメリットがございます。

管理・運用コストの削減が可能

申請・更新・管理ポータルサービス「SureBoard」「SureHandsOn」で証明書管理の負担軽減を実現できます。

「有効期間合わせ」でサーバ毎に異なる証明書の有効期間を揃えることが可能

証明書更新作業の運用効率向上また、更新忘れ防止などは、複数の証明書満了日をお客様の任意の日付に揃えていただくことによって解消していただくことが可能です。

SureBoardをご利用いただくお客様

現在ご利用中の証明書それぞれについての有効期間及び、お客様がご要望される更新作業日のご予定などをご相談いただけましたら、効率の良い証明書管理運用プランをご提案させていただきます。

SureHandsOnをご利用いただくお客様

1年プラス90日の範囲内で自由に有効期間終了日を設定し、証明書を発行していただくことが可能です。 例えば、このサービスを利用し更新日を年4回に収束するなど、更新作業などの証明書管理を計画的かつ効率よく行っていただくことが可能です。

現状ばらばらな有効期限を、上記のように年4回(四半期ごと)のタイミングに束ねていく。
初年度は各有効期限毎に発行し且つ、事前に決めた有効期限に合わせていく。次年度以降は年4回しか更新しない。

証明書の管理に便利な機能
更新時期が近くなった証明書が一覧表示されます。

 

更新時期をむかえた証明書を一覧表で表示する「更新対象一覧」機能を実装しています。更新時期を迎えた証明書が一目でわかるので、証明書管理の煩わしさから解消されるほか、更新忘れのリスクを防ぎ、満了日に余裕を持って申請をすることができます。

証明書申請時

複数の証明書を申請するときに、一度入力した申請情報を登録しておくことができますので、以後の申請時にはプルダウンから選択していただくだけとなり、面倒な入力作業の必要がありません。

コストメリット

SureHandsOnのご利用をお勧めいたします。

年間10枚以上SSLサーバ証明書を利用のお客様は、コスト面でメリットがあるSureHandsOnをご利用ください。

企業(グループ企業)内でまとめると更なるメリットが!

部門別、プロジェクト別に管理しているSSLサーバ証明書を企業内でSureHandsOn, SureBoardでまとめてご申請いいただくと個別でご利用いただくよりも、コストメリットがあります。枚数に応じてボリュームディスカウントがございます。詳細につきましてはお問い合わせください。

SureHandsOn, SureBoardのアカウント管理機能

 

複数の証明書申請担当者をユーザグループとして管理が可能です。

  1. 管理者の方は、他の人が申請した証明書情報を閲覧が可能なため、証明書情報を共有できます。
  2. 購買部門が管理者となり部門にまたがったグループを設定することにより、会社全体のSSLサーバ証明書を管理することができます。
page top