1. HOME
  2. 製品・サービス
  3. SureServer
  4. 目的別
  5. 大学・教育機関のお客様へ

大学・教育機関のお客様へ

サイバートラストのSSLサーバ証明書は、「Web履修」「Webメール」「学部ポータル」などのセキュリティ対策に、多くの大学・教育機関にて採用頂いております。

サイバートラストのSSLサーバ証明書が選ばれる理由

申請・更新・管理ポータルサービス「SureHandsOn」で証明書管理の負担軽減を実現できます。

バラバラな有効期間を合わせて発行スケジュールをコントロール、価格にもメリットがある。

お客様がSSLサーバ証明書満了日を指定することができます。

有効期間を合わせることを目的に、1年プラス3ヶ月の範囲内で自由に有効期間満了日を設定し、証明書を発行していただくことが可能です。

例えば

  • 予算編成を考慮して、年度末に有効期間を揃える。
  • 2月と4月の繁忙期を避けて更新作業を行うため、夏休みに有効期限を合わせる。

現状ばらばらな有効期限を、上記のように年4回(四半期ごと)のタイミングに束ねていく。
初年度は各有効期限毎に発行し且つ、事前に決めた有効期限に合わせていく。次年度以降は年4回しか更新しない。

年1回の実在確認と登録ドメインの審査により、お客様自身でサイバートラストSSLサーバ証明書の申請・発行ならびに失効が行えるサービスです

年1回の実在確認と登録ドメインの審査により、お客様自身でサイバートラストSSLサーバ証明書の申請・発行ならびに失効が行えるサービスです

コストメリット

SureHandsOnのご利用をお勧めいたします。

年間10枚以上SSLサーバ証明書を利用のお客様は、コスト面でメリットがあるSureHandsOnをご利用ください。

学内をまとめると更なるメリット

各学部、部門別に管理しているSSLサーバ証明書を学内でSureHandsOn, SureBoardでまとめてご申請いただくと個別でご利用いただくよりも、コストメリットがあります。

SureHandsOn, SureBoardのアカウント管理機能

複数の証明書申請担当者をひとつのユーザグループとして管理することが可能です。

  1. 管理者の方は、他の人が申請した証明書情報の閲覧が可能なため、証明書情報を共有できます。
  2. 情報システム部門、または財務部門が管理者となり、部門にまたがったグループを設定することにより、学校全体のSSLサーバ証明書を管理することができます。
page top