サイバートラスト マルウェア・改ざん検知サービス Kenchiのご利用の流れ

「サイバートラスト マルウェア・改ざん検知サービス Kenchi」はWebサイトのコンテンツを自動で監視し、問題発生時のアラート送信と詳細なレポートを生成します。

登録されているURLに改ざんがあった場合、Web管理画面のトップページにある 「SAFE」 の緑マークが 「改ざんを検知」 の赤マークに変化します。そして、アラート用に登録されたメールアドレスに改ざん検知の通知が届きます。
詳細はメールに記載されているURLをクリックするか、トップページのカレンダーの赤い 「×」 アイコンをクリックすると確認できます。詳細なレポートにより迅速な対処が可能になります。
 

サイバートラスト マルウェア・改ざん検知サービス Kenchiの主な機能

定期巡回 1回/1日
チェックページ数
  • 200ページ版
  • 解析開始URLと対象ドメイン
  • 200ページを超える場合には、別途お問い合わせください。
解析履歴
  • 過去の解析履歴を確認できます。
レポート作成
  • 設定した期間分のレポート作成を行ないます。
シール
  • ご利用の方に無償で提供している証明シール。
ページの切り替え機能
  • 「サイバートラスト マルウェア・改ざん検知サービス Kenchi」がチェックを行なったWebページに改ざんが見つかった場合、お客様のWebサイトの訪問者に対してのメンテナンスページを表示することができます。
  • この改ざん検知時のページ切り替え機能を設定しておくと、お客様のサイトが復旧するまでエンドユーザの被害を防ぐことができます。この機能は、次回チェック時にお客様のサイトが安全な状態であることが確認されると表示されません。
クロスドメインの許可設定
  • 改ざんによって意図しないドメインのスクリプトがWebページに埋め込まれた場合にアラートメールを送信します。
  • 自社のドメイン以外に通常利用しているスクリプトのドメインを設定しておくことによって、解析結果の「!」の黄色の警告マークの表示を「SAFE」の緑マークに変更します。
  • クロスドメインスクリプトの許可機能のON/OFFは「Web管理画面」から行えます。
ユーザー管理
  • ユーザの追加や削除を行えます。
ユーザー情報の変更
  • ユーザ名やアラートメールの送信先の変更などを行えます。
除外URLの登録
  • 解析対象から除外するURLを追加・編集が行えます。
  • 解析結果から誤認を見つけた場合、あらかじめそのURLを登録することによって特定のページをWeb解析から除外する機能です。URLを登録後、次回のWeb解析から有効になります。
パスワードの変更
  • アカウントのパスワードを変更します。
page top