1. HOME
  2. 製品・サービス
  3. SureServer
  4. 導入の手順
  5. お申し込み前の確認(SureServer for SSL)

お申込み前の確認(SureServer for SSL)

SureServer証明書お申込み可能な組織について

サイバートラストのSSLサーバ証明書を発行可能な組織は以下のとおりです
  • 日本国内に登記している法人
  • 中央省庁および国の機関
  • 地方公共団体およびその機関
  • 国公立学校
  • 私立学校
  • 国家資格取得者の事務所
    (※必要書類などは国家資格取得者の事務所のお申込みについてをご参照ください。)
  • 構成員に法人を含む任意団体(詳しくはSureServer係 までご相談ください。)
  • 個人事業主(別途、お申し込み条件がございます。詳細は、個人事業主のお申し込み方法をご参照ください。)
国家資格取得者の事務所のお申込みについて
※所属する事務所が法人登記されている場合は、「日本国内に登記している法人」と同等の審査となり有資格者の証明書は必要ありません。
  • 所属する事務所を法人としてお申込みください。
  • 申請法人の代表者は事務所の代表となる国家資格取得者としてください。
  • 発行可能な事務所と必要書類については以下のとおりです。
国家資格者 必要書類 発行元 様式・名称 様式・名称
弁護士 証明書 日本弁護士連合会    
公認会計士 登録証明書 日本公認会計士協会 様式第2号 事務名称および所在地が明記されたもの
税理士 登録事項証明書 日本税理士連合会 税理士登録事務
取扱規程第41号様式
 
弁理士 登録証明書 日本弁理士会   就業形態が明記されたもの(経営者・共同経営者など)
司法書士 登録事項証明書 日本司法書士連合会 付録等第42号様式 事務所名称が明記されたもの
行政書士 登録事項証明書 日本行政書士連合会 様式第32号
(第28条1項関係)
 
※ お申込みする事務所の代表者の証明書をご用意ください。
page top

必要な証明書枚数またはライセンス数について

SSLサーバ証明書をお申込みの前に必要な証明書枚数またはライセンス数をご確認ください。

負荷分散のサーバ環境の場合など、SSL接続されるコンテンツを含むサーバが複数台ある場合には、同時稼動のサーバ台数分のSSLサーバ証明書が必要となります。

※複数のサーバ上で同時に稼動しないホットスタンバイは、コピーしてご利用いただけます。
したがいまして、この場合は、1証明書のみ申請頂き、ライセンス数も1となります。

接続の際のURLが異なる複数のサイトでSSL通信をする場合には、それぞれのURLをコモンネームとしたSSLサーバ証明書が必要です。

コモンネーム × 同時稼動のサーバ台数分 のSSLサーバ証明書を取得してください。
システム構成
システム目的
SSL暗号化
対象マシン
コモンネーム
(サーバ名)の数
コモンネームの数に
対応して必要な
SSLサーバ証明書の枚数
またはライセンス数
バーチャルホスト
1台のサーバで複数のFQDNを持つサイトを提供する
Webサーバ

(コモンネームと同数)

ラウンドロビン

負荷分散のため複数のサーバでアクセスを分散する
Webサーバ
1の場合
複数
(WEB Serverの台数)
キャッシュサーバ
データを一時的に保有し、同一データにアクセスする際の効率化を図る
Cacheサーバ
1の場合
複数
(Cacheサーバの台数)
SSL
アクセラレーター

サーバに代わってSSL通信の処理を行なう

SSL
アクセラレーター
1の場合
複数
(WEB Serverの台数)
ホットスタンバイ
同構成のシステムを2系統用意し信頼性を向上させる
Webサーバ
1の場合

 1
(本番系と待機マシン間でのコピー可)

※複数のサーバ上で同時に稼動しないホットスタンバイは、コピーしてご利用いただけます。
※複数のサーバ上で同時に稼動しないホットスタンバイは、コピーしてご利用いただけます。

お申込み可能なドメイン名について

サイバートラストのSSLサーバ証明書をお申込み可能なドメインは以下の通りです。
  • 公的なドメイン名の登録局で確認ができるドメイン
  • グローバルIPアドレス(一部IPアドレスは対象となりません。詳しくはFAQをご覧ください。)
ドメイン名使用権の確認

お申し込みのドメイン名(FQDN)の使用権を確認します。


<<お手続きの流れ>>

  1. 申請ドメイン名の WHOIS 情報に登録されている E-mail アドレスへ、使用権を確認するメールを送信します。
    ※送信先:WHOIS 情報のドメイン名の所有者(Registrant)、管理担当者(Admin)、技術担当者(Tech)のすべて
  2. ドメイン名登録者より応答を得ることにより、ドメイン名の使用権を確認します。

上記の方法で確認ができない場合、以下いずれかの方法でお手続きをいただきます。

  • 申請ドメイン名の前に次のいずれかの文字列(admin@、administrator@、hostmaster@、postmaster@、webmaster@)を追加した E-mail アドレスへ確認のメールを送信
  • 申請ドメイン名の WHOIS 情報に登録されているドメイン名登録者の電話番号へ電話をして確認
  • 申請ドメイン名または FQDN 配下の Web ページの更新による確認

※ 申請ドメイン名がベースドメイン名の場合、ベースドメイン名配下のWebページを更新いただきます。
※ 13か月以内の有効な確認結果がある場合は、使用権確認を行わない場合もあります。


<<お願い>>

WHOIS に登録されている E-mail アドレスへ使用権を確認するメールを送信しますので、メールが受信可能な状態であることを事前にご確認ください。
メールを受信いただけない等、承認が完了しない場合は証明書の発行ができませんのでご注意ください。

CAAレコードについて
  • CAAレコード未登録の場合
    従来どおり、認証局は証明書を発行可能です。
  • CAAレコード登録済みの場合
    許可された認証局のみ、証明書を発行可能です。それ以外の認証局は発行してはいけません。
page top

必要書類について

  • 審査の都合上、以下の書類が必要な場合がございます。
  • 必要書類につきましては、新規お申込み後、手続き担当者へメールでご案内させていただきます。
    ※必要書類はご返却できませんのでご了承ください。
  • 個人事業主の方は別途必要書類がございます。詳細につきましては、個人事業主のお申し込み方法をご参照ください。
必要書類の種類について
必要書類 説  明
公共料金請求書のコピー 登記簿謄本や第三者機関にて住所が確認できない場合、お送りいただく書類です。

申請組織名義の電気、ガス、水道料金、固定電話のいずれかの請求書のコピーをお送りください。

  • 申請組織名義の請求書に限ります。
  • 最新の発行日の請求書コピーをお送りください。
  • 請求書の名義人、住所、発行日以外の金額等の情報は塗りつぶすなどしてお送りください。
電話料金請求書 第三者機関のデータベースにて代表電話番号が公開されていない場合に、お客様の代表電話番号を確認するために必要です。
電話会社から発行された電話料金請求書をコピーしてお送りください。
※ご注意いただく点について
  • 請求書の宛先は、お申込み情報の「申請法人の住所」と一致している必要があります。
  • 最新の発行日のものをお送りください。
  • 名義人、電話番号、住所、請求書の発行日が確認できるものをお送りください。
  • 上記以外の項目につきましては塗りつぶすなどしていただいて構いません。
※電話料金請求書をご用意いただけない場合は、SureServer係( )までご相談ください。
書類送付先 〒060-0807
北海道札幌市北区北7条西1丁目1-2 SE札幌ビル13階
サイバートラスト株式会社 SureServer係

Tel:0120-957-975
FAX:011-708-5296
E-Mail :

※書類はPDFまたはFAX(011-708-5296)にて承りますが、コピー以外の必要書類は、原紙を証明書発行後、1ヶ月以内に必ずご送付ください。
page top
page top