セキュア無線LAN認証

 

フィッシング対策とは

フィッシングは、2004年秋に日本国内においても初めて金銭的被害が発生し、大きな脅威となっています。

フィッシングとは、銀行やカード会社などの企業を装い電子メールを送信し、メール受信者から預金口座の暗証番号やクレジッドカード番号などの個人の機密情報を不正に入手し、お金をだまし取る欺行為です。企業が気が付かない間に、大切なお客様が被害に遭ってしまうのです。
また、企業はブランドイメージを著しく傷つけられ、社会的信用の低下をまねいてしまいます。

フィッシングの手口は、利用者が取引相手である企業の確認が難しいインターネット環境を利用し、
  1. メール差出人を詐称したメールを送信
  2. メール受信者が偽のwebサイトにアクセス
  3. メール受信者が口座番号、ID、パスワード等を入力
上記のような形で、非常に重要な個人情報を不正に入手されてしまいます。
また、最近では、偽のwebサイトでありながら、URLスプーフィング(アドレスバーの偽造など)により、見た目上、URLを本物のwebサイトのように見せるケースも発生しています。

サイバートラストのフィッシング対策ソリューションは、あらゆる企業の方針及びスケジュールに適応可能で柔軟なソリューションであり、フィッシング対策を低コスト且つ短期間で提供します。
page top
pagetop