サイバートラスト マネージドPKIとは

サイバートラスト マネージドPKIとは
サイバートラスト マネージドPKIは、サイバートラストが提供する、柔軟性と拡張性に優れ、かつコストパフォーマンスの高い認証局アウトソーシングサービスです。

サイバートラスト マネージドPKIは、アプリケーション毎に個別に管理されたアカウント情報(IDおよびIDにひもづけられたパスワード)を電子証明書として統一することによる統合認証、日々利用される電子メールの内容の暗号化や電子署名による保護、紙の電子化の際に求められる電子署名など、ICT社会において事業活動を行う企業にとっては避けることのできない課題を解決します。

あらゆる企業や組織にとって、経営環境の変化に迅速に対応するために様々な情報コミュニケーション技術を駆使することで、企業の内外を問わず適時適切な情報の活用が重要な課題となっている現在、企業の重要な資産である各種情報の有効活用のためには、いつでもどこからでも適切な権限のある人に対して情報を提供できる環境が求められています。

その一方、企業のIT環境は複雑性が高まり、システムが多様化していく中で、結果として各種システムへアクセスするためのアカウント情報は個別バラバラに管理されているのが実情です。

また、ほぼ全てのビジネスプロセスが IT化されている中、一部に残る紙を必要とするプロセスについても近年、e文書法などの法整備により電子化されつつある状況においては、その電子データに対して紙と同等な証憑としての価値を持たせる仕組みも必要となっています。

これらの課題に対し、サイバートラスト マネージドPKIは、各種ITリソースや各種情報への統合認証、電子メールの保護、またe文書対応を実現するソリューションとして、あらゆる企業や組織のITインフラに安全と信頼を提供します。
page top

サイバートラスト マネージドPKIの主な利用用途

企業間取引認証
EDI、電子調達、電子購買などにおけるクライアント認証
業務システム認証
Windowsスマートカードログオン、グループウェア、SFA、CRM、ERPなどにおけるクライアント認証
リモートアクセス認証・機器認証
VPN / SSL VPN、無線LANなどにおけるクライアント認証および端末の認証
導入事例を見る
電子メールの保護
電子メールの内容および添付ファイルの暗号化、送信者認証、電子メールの内容の改ざん検知
導入事例を見る
情報保護
ファイルの暗号化、HDDの暗号化などによる情報の秘匿
e文書対応
電子契約、電子決裁、その他各種書類の電子化における電子署名の利用による証憑としての効果の付与
社員証
統合認証基盤、ID統合、接触・非接触ICカードへの電子証明書格納
各種証明書
社員証、会員証、その他各種資格証明書としての利用
※これらの用途を組み合わせて利用することにより、さらにセキュリティの効果を高めると同時に
 コストパフォーマンスを向上させることが可能となります。
※上記は一般的な例であり、これ以外でも様々な利用用途への適用が可能です。
page top
pagetop