サイバートラスト

公開メールアドレスへの標的型攻撃メールを検知・隔離します

公開メール保護サービス (Public opened Email Protection : PEP) は、標的型攻撃メールの脅威を「見える化」して「隔離」する、クラウド型の運用サービスです。

巧妙化する標的型攻撃の中でも、特に多いのが E メールによる攻撃です。標的型攻撃メールは、従来のセキュリティ製品(アンチウイルスソフトなど)では検知できないため、「知らないメールは開かない」「クリック時は気をつける」などの対応を徹底する以外に有効な対応策がありません。しかし、人事や広報などの部門は、業務の性格上どうしても知らない相手からのメールを開封せざるを得ず、攻撃者に狙われやすい傾向があります。

PEP は、特許取得のサンドボックス技術を用い「添付ファイル」とメール本文の「リンク URL」を仮想環境で実行。従来は見つけられなかった脅威も発見して隔離し、お客様のシステムを標的型メールによる攻撃から守ります。うっかりクリックしてマルウェアに感染してしまうような、ヒューマンエラーの防止にも役立ちます。

クラウドサービスなので導入は簡単。運用もおまかせ。

PEP の設定や運用はおまかせください。1 メールアドレス単位で導入可能ですので、まずは利用機会の多い公開メールアドレス(例えば人事・採用)のご利用からご検討ください。 システムの設定や運用はおまかせですのでお客様側で設定に苦労することはありません。アラートを解析してレポートするアラート解析サービスもご用意しています。

以下のような公開メールアドレスをお持ちではありませんか。

  • 採用窓口のメールアドレス
  • IR 窓口のメールアドレス
  • 広報窓口のメールアドレス
  • 各種お問い合わせ窓口メールアドレス

公開メールアドレスの多くはメーリングリストになっているため、複数名にメールが配信されるとともに、該当部署の IT リテラシーが高くないケースも散見されることから標的になり易く、事例も出ている状況です。

見えない脅威を見える化します。

PEP は、脅威の発見にサンドボックス技術を使用しています。 これは、メールの「添付ファイル」やメール本文中の「リンクURL」をサンドボックス(仮想環境)にて実行し、マルウェアかどうかを判別する技術です。

アンチウイルスソフトなど従来のセキュリティ対策をすり抜けてしまうマルウェアも検出することができ、標的型攻撃メールの脅威を「見える化」します。

標的型メールを「隔離」します。

PEP は、「見える化」した標的型メールを安全に「隔離」し、隔離したメールの詳細を管理者に定期的に送信します。管理者は詳細を見て、隔離されたメールを「リリースするか/ブロックしたままか」判断することができます。

公開メールアドレス保護サービス トライアル

お客様の環境下で、公開メールアドレス保護サービスを実際に試していただく事ができます。

トライアルにお申し込みいただくと、お客様ご指定の 10 アドレスに対して、3 か月間公開メールアドレス保護サービスをトライアル導入していただく事ができます。

お申し込みフォームより必要事項をご記入の上、お申し込みください。

公開メールアドレス保護サービス トライアル お申し込みフォーム