サイバートラスト

  • HOME
  • ニュース
  • サイバートラスト、デバイス ID の Windows プラットフォーム向け機能を強化
RSSフィード

サイバートラスト、デバイス ID の Windows プラットフォーム向け機能を強化
ADFS でのクライアント証明書認証による Office365 へのシングルサインオンや Windows 10 Mobile 利用などが可能に

2016 年 10 月 31 日

サイバートラスト株式会社(本社:東京港区、代表取締役社長:眞柄 泰利、以下 サイバートラスト)は、このたび「サイバートラスト デバイス ID」の Windows プラットフォーム向けの機能を強化したことを発表します。

年々クラウドサービスを利用する企業の割合が増える(*1)一方で、ID/パスワードのみによる認証の課題があります。過去の調査では、前年に比べてアカウントリスト攻撃の件数が 7 倍増加したという報告があります。(*2) これらの課題に対応するためには、ID/パスワード以外の認証方式を組み合わせ、認証強化することが重要です。昨今企業では、電子メール、ファイル保管・データ共有などでクラウドサービスを利用(*1)しており、ますます認証強化は重要な課題です。

今回、デバイス ID の Active Directory フェデレーションサービス(以下、ADFS)でのクライアント証明書認証を強化することにより、クラウドサービス利用時の端末や人を特定しつつ Office365 などのクラウドサービスにシングルサインオンすることが可能となるといった厳格な認証と同時に、簡単、便利なクラウドサービスへのアクセス環境が提供されます。この ADFS と連携したデバイス ID は Windows 7 以降の Windows プラットフォームで利用が可能で、Windows Mobile (Windows 10 Mobile 含む)をはじめ iPhone、Android にも対応します。

また、株式会社ジェーエムエーシステムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:坂倉 猛、以下 JMAS)のセキュアブラウザ「KAITO Windows 版」との連携により、デバイス証明書を「許可した特定の Windows デバイス」の KAITO に「安全」「確実」「簡単」にインストールできます。企業は、ログイン時のパスワード認証とデバイス証明書による 2 要素認証を行うことでセキュリティ強度が高まり、セキュリティ対策が必要な業務や BYOD に手軽に対応できるなど、企業のビジネスの拡大や効率化、あるいはビジネスのスピードアップなどに貢献することが可能です。

Windows プラットフォーム向け機能強化のポイント

  • Windows 10 Mobile 対応
  • Active Directory フェデレーションサービス(ADFS)でのクライアント証明書認証
  • KAITO Windows 版との連携

ADFSでのクライアント証明書認証のイメージ
ADFSでのクライアント証明書認証のイメージ

KAITO Windows 版対応について JMAS 代表取締役社長の坂倉 猛様よりコメントを頂いております。

株式会社ジェーエムエーシステムズはサイバートラスト株式会社様における「デバイスID Windows プラットフォーム向け機能の強化」を歓迎いたします。

クラウドサービスを利用する企業の割合が増えるなか、 そのセキュリティ対策の重要性はますます高まっています。この度、サイバートラスト株式会社様のデバイス ID において Windows プラットフォーム向け機能が強化されたことにより、多くのユーザが簡単・便利に Office 365 などのクラウドサービスへアクセス出来る環境が整ったと感じております。

また、弊社の KAITO セキュアブラウザとも iOS 版、Android 版に続き、Windows 版でも連携が可能となりました。 これによりデバイス証明書を「許可した特定の Windows デバイス」のみに「安全」「確実」「簡単」にインスール出来るようになりました。
ログイン時のパスワード認証とデバイス証明書の二要素認証を利用することでセキュリティ強度が高まり、 安全にクラウドサービスが利用出来るようになると考えております。

弊社では高いセキュリティ機能を持った KAITO セキュアブラウザを通じて、安全で快適なビジネス活用を支援してまいります。

*1 出典:総務省「平成27年版 情報通信白書」: http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/html/nc372130.html
*2 出典:独立行政法人情報処理推進機構「オンライン本人認証方式の実態調査」 : https://www.ipa.go.jp/security/fy26/reports/ninsho/index.html

サイバートラスト デバイス ID について

「サイバートラスト デバイス ID」は、会社が許可した端末を厳格に認証し、安全なネットワークアクセスを実現するマルチデバイス対応のデバイス証明書管理サービスです。マルチデバイス、マルチネットワーク環境において、不正端末からのアクセスを防止し、安全に情報資産を活用できる共通の端末認証基盤を実現します。
「サイバートラスト デバイス ID」の認証局は、これまでに累計 46 万枚のデバイス証明書を発行しており、日本国内で使用されている端末認証用証明書としては No.1の実績を誇っています。
「サイバートラスト デバイス ID」についての詳細は、以下の Web サイトをご参照ください。
https://www.cybertrust.ne.jp/deviceid/

サイバートラスト株式会社について

サイバートラストは国内で最長の運用実績を持つ認証機関であり、日本初の商用電子認証局として 20 年以上にわたり電子認証サービスを提供しているセキュリティベンダーです。マルチ OS、マルチフォームファクターに対応した端末電子認証サービス「デバイス ID」は国内導入 No.1 の実績です。今後、利用形態や用途が拡大する IoT デバイスにおいても電子認証サービスを提供することで、利用者が、安心安全にサービスを受けられる社会の実現を目指します。
サイバートラスト株式会社についての詳細は、以下のWebサイトをご参照ください。
https://www.cybertrust.ne.jp/

当リリースに関するお問合せ

サイバートラスト株式会社
広報担当 : 佐々木
TEL : 03-6234-3800
メール :

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、弊社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

list page