サイバートラスト

  • HOME
  • ニュース
  • IoT システム向け電子認証サービス 「セキュア IoT プラットフォーム」サービス提供開始
RSSフィード

IoT システム向け電子認証サービス 「セキュア IoT プラットフォーム」サービス提供開始
最高レベルのセキュリティを短期間・低コストで実現

2016 年 9 月 30 日(金)

サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利、以下 サイバートラスト)は、高度なセキュリティ対策が施された IoT 環境を実現する電子認証サービス 「セキュア IoT プラットフォーム」及びコンサルティングサービスの提供を開始することを発表いたします。

2020 年には、530 億台ものデバイスがインターネットに接続されることが予想されています。これらのデバイスから得られる膨大なデータは、 様々なクラウドシステムに BigData として蓄積され、新しいビジネス創出や社会基盤として活用されることが見込まれております。

一方で、セキュリティ対策はシステム毎に独自な方式で実装するため、個人情報やデータの保護の方法が異なり、システム間の相互接続による BigData の結合が難しい、コストがかかる等の問題が指摘されています。
また、パスワードに依存する従来型認証や暗号化では、外部攻撃に対して脆弱なため、常時、システム侵入や改竄、情報漏洩の検知が必要となり、セキュリティの確保には膨大なコストがかかることが知られています。

弊社の「セキュア IoT プラットフォーム」は、電子署名法と Web Trust に準拠した国内のデーターセンターによる公開鍵基盤 (PKI) により 「いつ」「どこで」「何が」「誰が」といった多角的な認証による真正性や、暗号化による機密性の確保、電子署名による改竄防止・完全性を、一括したシステム基盤として提供します。
また、デバイスのライフサイクルに応じた、電子証明書の発行 → デバイスへの組み込み → 認証情報(いつ、どこで、なにが)の管理 → 電子証明書の失効 → デバイスの廃棄までを確実に管理するためのノウハウをコンサルティングサービスとして提供し、 低コストで最高レベルの情報セキュリティ要件を満たす IoT サービスを短期間に構築できるようお客様を支援いたします。

なお、年内には実証プロジェクトで構築したシステムをベースにしたトライアルキットの有償提供を予定しています。 トライアルキットは、株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 佐野 勝大 様)と共同で開発した GPS 位置測位システムを活用したリアルタイムモニタリングから提供を開始致します。 本トライアルキットでは、イベント運営におけるスタッフ・観客、配送業務における要員、積荷などの現在位置情報の自動収集、端末に表示した地図上での確認、画像・メッセージ送受信機能などをご評価いただけます。
サイバートラストでは、今後もセキュア IoT プラットフォームの普及促進のため、パートナー各社とトライアルキットの拡充、システム構築サンプル等を順次提供していく予定です。

セキュア IoT プラットフォームの主要な機能

項目API 提供SSL/TLS
暗号化通信対応
内容
電子証明書・
デバイス管理
電子証明書の自動配付、自動更新、失効
電子証明書のバルク発行
デバイスステータス、廃棄時の証明書失効連携
認証 センサーデータへの電子署名・タイムスタンプ付与・検証
GPS情報への電子署名・タイムスタンプ付与・検証
プログラムコード署名・検証
各種ハッシュ値の保管、照合
コンサルティング デバイス製造工程、プログラム開発工程、保守工程でのリスクアセスメントとセキュリティ対策、運用手順の策定

IoT システムでは、デバイスの持ち去りや、システムなりすましによる改竄・妨害など、従来の PC やスマートフォンでは考えられないセキュリティ課題が発生します。
そこで弊社では、2014 年より旭川で「セキュア IoT プラットフォーム」を活用した「メンタルヘルスケアプログラム」実証実験を継続、加えて本年よりスーパーラグビーボランティア動態管理システムや、 Bluetooth ビーコンシステムの PKI 化の共同開発、PKI と生体認証システムの統合など、システムに対する柔軟性、堅牢性、信頼性を多角的に評価してまいりました。
これらの知見をもとに「セキュア IoT プラットフォーム」の改良を継続しており、あらゆる IoT ベンダーのセキュリティ要求を、短期間・低コストで十分に実現するものと確信しております。

弊社は、より安心、安全な IoT 活用において「セキュア IoT プラットフォーム」を社会基盤とすることを目標に事業を推進してまいります。 そして加速する IoT 分野において、産業分野を問わずさまざまなサービス提供事業者、IoT ベンダーと共に事業展開を行ってまいります。

本サービスの提供開始にあたり、以下の企業よりご賛同いただいています。(以下、会社名 50 音順、全 24 社)

  • 株式会社アイキューブドシステムズ
  • 株式会社アプトポッド
  • 株式会社イメージア・ソリューション
  • インタープラン株式会社
  • 株式会社うぶすな
  • エナジー・ソリューションズ株式会社
  • F5 ネットワークスジャパン合同会社
  • 株式会社大塚商会
  • 株式会社オービックビジネスコンサルタント
  • サイオステクノロジー株式会社
  • さくらインターネット株式会社
  • ジャパンインテグレーション株式会社
  • 株式会社 SYNCHRO
  • セイコーソリューションズ株式会社
  • 株式会社セカンドファクトリー
  • 大日本印刷株式会社
  • DigiCert, Inc.
  • ドローン・ジャパン株式会社
  • 日本 RA 株式会社
  • NPO 法人北海道森林療法研究会
  • 株式会社ユビキタス
  • 株式会社ラック
  • 株式会社ワコム
  • ワンビ株式会社

また、以下の企業・団体よりご賛同のコメントをいただいております。(以下、会社名・団体名 50 音順、全 12 社)

■株式会社アイキューブドシステムズ(福岡県)代表取締役 佐々木 勉 様
サイバートラスト様の「セキュア IoT プラットフォーム」の発表を心から歓迎いたします。当社は、EMM(エンタープライズモビリティ管理)サービス「CLOMO」を開発・提供しており、サイバートラスト社の電子証明書と連携することで、デバイス認証などの高度なセキュリティ要件へ応えてきました。当社では「IoT デバイス」を「新しいモバイル」と捉えています。この度のサービスにおいても、これまでの協業による知見などを踏まえ、より連携を進めることで、IoT 導入時の不安や手間もさらに低減できると考えており、両社の協業を今後もより一層深めてまいります。
■株式会社アプトポッド(東京都)代表取締役 坂元 淳一 様
株式会社アプトポットは、VisualM2M をサイバートラスト社のヘルスケアサービスにおいて提供いたしました。Visual M2M は様々なセンサーネットワークから生成される制御信号、センサー信号などのファストデータをインターネットを介したエンドツーエンドの統合処理するための M2M/IoT フレームワークです。この提供を通じ、サイバートラスト社のセキュア IoT プラットフォームがヘルスケアサービスにおいてより関係する皆様にストレスなく情報を利活用いただき、多くの対象者の情報を安全に可視化、企業の健康経営をはじめ、地方創生での健康増進事業などに活用いただけることを大いに歓迎いたします。
■インタープラン株式会社(東京都) 代表取締役社長 小沢 潤 様
サイバートラストの「セキュア IoT プラットフォーム」の発表を歓迎します。弊社は、IoT デバイスベンダーとして、特にワイヤレスデバイス領域でのセキュリティの重要性を顧客から数多く求められていました。そこで、Bluetooth に対応したビーコンのメッセージの完全性を保証するためサイバートラストと共同でメッセージの電子署名に取り組んでまいりました。弊社のビーコンが「セキュア IoT プラットフォーム」に対応することで、従来のビーコンの最大の課題が克服でき、安心・安全な IoT 社会の基盤が広がっていくと考えております。
■エナジー・ソリューションズ株式会社(東京都) 代表取締役社長 森上 寿生 様
サイバートラスト様の「セキュアIoTプラットフォーム」の発表を心から歓迎いたします。エナジー・ソリューションズ株式会社は、ドローンとクラウドサービスを活用したソーラーモジュール IR(赤外線)検査サービス「ドローンアイ」を開発しこの 9 月にサービス開始を致しました。ドローンという IoT を安心・安全に使用するためには、デバイス認証とセキュアな環境が今後必須となります。サイバートラスト様の『セキュア IoT プラットフォーム』を活用することで、将来にわたりお客様に安心・安全をご提供できることを確信しております。
■F5 ネットワークスジャパン合同会社(東京都)代表執行役員社長 古舘 正清 様
この度のセキュア IoT プラットフォームの提供開始、誠におめでとうございます。今後急速に増える IoT デバイスの認証ならびにセキュリティは重要性の高い課題、対策であります。そのうえで、電子認証サービスを提供されているサイバートラスト様の実績、これまでの数々の実証実験で得られた成果と我々エコパートナーが持つ、さまざまなソリューションを組み合わせることによって、IoT デバイス活用におけるセキュリティ対策を実現できるものと考えております。BIG-IP LTM とサイバートラスト様の電子認証サービスを連携させることで、厳格で最高レベルのセキュリティ基準を備えた認証環境を実現するための IoT ソリューション開発において提携をさせて頂いており、本取り組みにより IoT の安心安全な活用に貢献できることを確信しております。
■株式会社オービックビジネスコンサルタント(東証一部 4733) 代表取締役社長 和田 成史 様
サイバートラスト株式会社の提供する「セキュア IoT プラットフォーム」の発表を心より歓迎いたします。OBC は企業向け基幹業務パッケージ「奉行シリーズ」にて企業の業務を支えてまいりました。ワークスタイルの変革や IoT 時代の到来により、企業の基幹業務システムへのアクセス方法も大きな変革期を迎える中、弊社は電子証明書を OBC マイナンバーサービスに搭載するなどお客様の情報を守るために今後ともサイバートラストとの協業体制を強化してまいります。
■株式会社大塚商会(東証一部 4768)上席執行役員 後藤 和彦 様
大塚商会は、今回発表の「セキュア IoT プラットフォーム」のサービスリリースを歓迎します。IoT は、今後急速に発展することが見込まれる領域であり、多くの人々の生活に影響を与えていくでしょう。安心・安全な IoT 環境が、本サービスによって容易かつ低コストでセキュリティを組み込めるのは、弊社の顧客へ大いに役立つものと確信しております。
■サイオステクノロジー株式会社(東証二部 3744)執行役員 山﨑 靖之 様
「セキュア IoT プラットフォーム」の発表を心より歓迎いたします。 IoT は今後実用フェーズに入り、インターネットに接続される IoT デバイスの数は爆発的に増えることが予想されてます。このような状況で「セキュア IoT プラットフォーム」は、エッジデバイスとお客様データセンターや各種クラウドサービス をセキュアに接続する重要なポジションを担っていると認識しております。サイオスが保有するオープンソースソフトウェア(OSS)技術との組み合わせにより、両者のシナジーは今後より 一層深まるものと期待しております。
■さくらインターネット株式会社(東証一部 3778)代表取締役社長 田中 邦裕 様
さくらインターネットは、サイバートラスト様の「セキュア IoT プラットフォーム」の発表を心から歓迎いたします。これから多くのモノがインターネットに接続される社会を迎えるにあたり、利用者の安全性を確保するために電子署名や電子認証の技術が必要不可欠です。そのような中で、手軽で安全にデバイス管理を行える「セキュア IoT プラットフォーム」は、時代にマッチした最適のソリューションであると確信しています。今後も、さくらインターネットの提供するIoTプラットフォーム「さくらの IoT Platform」との連携を強化し、お客様とサイバートラスト様のビジネスの発展を支援してまいります。
■NPO 法人北海道森林療法研究会(北海道)理事長 住友 和弘 様
NPO 法人北海道森林療法研究会と旭川医科大学では、森林の持つ生物学的多様性を科学的に検証し、健康維持・増進につなげる活動と啓発を行っています。北海道の豊かな自然に囲まれた上川エリアを拠点に地域の住民の皆さん、病院、保健福祉に関わる皆さんと森林療法による健康づくりと地域づくりを実践しています。今回のサイバートラスト社のヘルスケアサービスは、全国の地域や森林療法を実践されているみなさんが森林療法を可視化し、より生き生きと健康増進をすること、企業の事業主・従業員がより豊かな生活を送るためのメンタルヘルスケアサポートに大いに役立つものと確信し、心より本サービス開始を歓迎いたします。
■株式会社ユビキタス (東証ジャスダック 3858) 代表取締役社長 佐野 勝大 様
サイバートラスト様の「セキュア IoT プラットフォーム」の発表を心から歓迎いたします。IoT の本格普及期を迎え、セキュリティの確保は喫緊の課題であり、今回発表の「セキュア IoT プラットフォーム」は時代の要請に応える有力なソリューションになると確信しています。当社は、様々な IoT デバイスの特性に合わせた通信と、効率的かつリアルタイム性に優れたデータ収集を可能にする IoT クラウドプラットフォーム "dalchymia(ダルキュミア)"、IoT デバイスのセキュリテイを確保する "Ubiquitous Securus" と "Ubiquitous TPM Security" などの製品およびサービスを通じて、IoT デバイスからクラウドまで IoT に関わるすべての安心、安全を実現するお手伝いをサイバートラスト様の「セキュア IoT プラットフォーム」と強力に連携し、進めて参ります。
■株式会社ラック (東証ジャスダック 3857) 取締役常務執行役員 サイバー・グリッド・ジャパン GM 三木 俊明 様
ラックは、サイバートラスト株式会社様の「セキュア IoT プラットフォーム」の発表を歓迎いたします。社会インフラとして活用が期待されている IoT 分野において、セキュリティ対策の方式や標準化、プライバシー制御に関する法制度面等の課題を含め、解決しなければならない事柄は多種多様です。今回の「セキュア IoT プラットフォーム」は IoT 分野での新たなチャレンジであり、当社が提供するセキュリティ監視・運用サービスや、現場対応により蓄積した知見との連携により、お客様のIoTの安全な活用を支援してまいります。

セキュア IoT プラットフォーム ウェブサイト

https://www.cybertrust.ne.jp/secure-iot-platform/

サイバートラスト株式会社について

サイバートラストは国内で最長の運用実績を持つ認証機関であり、日本初の商用電子認証局として 20 年以上にわたり SSL サーバー証明書をはじめとした電子認証サービスを提供しているセキュリティベンダーです。 マルチ OS、マルチフォームファクターに対応した端末電子認証サービス「デバイス ID」は国内導入 No.1 の実績です。
また、弊社は、最高レベルのセキュリティ基準適合性を有する証明書ベンダーであり、ISO27001(ISMS)をはじめ、WebTrust for CA, WebTrust EV Program の検証に合格しています。また、FIPS140 レベル 4 で公開鍵認証基盤を構築・運営している国内の認証サービス事業者は、2015年現在、弊社だけとなります。
https://www.cybertrust.ne.jp/

当リリースに関するお問合せ

サイバートラスト株式会社
広報担当 : 佐々木
TEL : 03-6234-3800
メール :

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、弊社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

list page