サイバートラスト

  • HOME
  • ニュース
  • 大塚商会、ホスティングサービスで サイバートラストの SSL サーバー証明書を採用
RSSフィード

2015 年 7 月 28 日
サイバートラスト株式会社

大塚商会、ホスティングサービスでサイバートラストの SSL サーバー証明書を採用
~アルファメールプレミアなどで SSL サーバー証明書の月額サービスを提供開始~

サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:眞柄泰利、以下「サイバートラスト」)は、ソリューションプロバイダーの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚裕司、以下「大塚商会」)が、 サイバートラストのサーバー証明書を採用した新サービス「たよれーるインターネットサービス SSL サーバー証明書(SureServer)」を、2015 年 7 月 29 日より提供開始することをお知らせいたします。
「たよれーるインターネットサービス SSL サーバー証明書(SureServer)」のサービスは、サイバートラストの証明書発行システムと API 経由でシステム連携しています。これにより、アルファメールをご利用中のお客様は、ご自身の契約管理サイトから、サーバー証明書の申請・発行・更新などの手続きを簡単に行うことができます。

中小企業の Web サイトセキュリティの強化に期待

すべての Web サイトにおいて、通信の暗号化を行う SSL 暗号化通信は必要不可欠な機能となってきています。SSL 暗号化通信を行うためには、 Web サーバーに SSL サーバー証明書をインストールする必要があります。
しかし、従来の SSL サーバー証明書は年払いの契約が中心であることや、特に厳格な企業審査を必要とする EV SSL サーバー証明書は高額なこともあって、中小企業への導入がほとんど進んでいない状況でした。
「たよれーるインターネットサービス SSL サーバー証明書(SureServer)」のサービス提供によって、SSL サーバー証明書が月額で導入できるようになったことで、中小企業の Web サイトへの SSL サーバー証明書の導入が一層進むことを期待しています。

Web サイトへのアクセスは HTTPS (SSL 通信)が今後の主流に

2015 年 6 月に、米国政府は、2016 年末までに連邦政府関係機関によって管理されるすべての Web サイトで SSL 暗号化通信を使用することを義務化する旨、発表しています。また、「Wikipedia」を運営するウィキメディア財団が、財団が管理する Web サイトで SSL 暗号化通信を義務化しました。
これにより、企業の Web サイトでも 、今後、急速に常時 SSL サイト化が進むと見られています。

「たよれーるインターネットサービス SSLサーバー証明書(SureServer)」

サービス名 EV SSL サーバ証明書(SureServer) SSL サーバ証明書(SureServer)
価格(税別) 月額 4,800 円 月額 3,800 円
提供証明書 サイバートラスト SureServer EV サイバートラスト SureServer
暗号強度 128 / 256 bit 128 / 256 bit
鍵長 2048 bit 2048 bit
ハッシュ関数 SHA-2 SHA-2
主要機能
  • Webサイトの通信暗号化
  • 厳格な審査による企業実在証明
  • ブラウザアドレスバーの緑色表示、日本語企業名表示
  • Webサイトの通信暗号化
  • 企業実在証明

※ EV SSL サーバ証明書(SureServer)は、2 年ごとに継続審査申請が必要です。
※ SSL サーバ証明書(SureServer)は、3 年ごとに継続審査申請が必要です。

サイバートラスト株式会社について

サイバートラストは国内で最長の運用実績を持つ認証機関であり、日本初の商用電子認証局として 20 年以上にわたり電子認証サービスを提供しているセキュリティベンダーです。マルチ OS、マルチフォームファクターに対応した端末電子認証サービス「デバイス ID」は国内導入 No.1 の実績です。今後、利用形態や用途が拡大する IoT デバイスにおいても電子認証サービスを提供することで、利用者が、安心安全にサービスを受けられる社会の実現を目指します。
〒107-6030 東京都港区赤坂 1 丁目 12 番 32 号 アーク森ビル 30 階
TEL. 03-6234-3800(代表) https://www.cybertrust.ne.jp/

お問い合わせ先

サイバートラスト株式会社 広報担当
TEL:03-6234-3800
E-mail:
list page