サイバートラスト

  • HOME
  • ニュース
  • サイバートラストのサーバ証明書「SureServer」シリーズ、全製品がAWSに対応
RSSフィード

2013年9月12日
サイバートラスト株式会社

サイバートラストのサーバ証明書「SureServer」シリーズ、全製品がAWSに対応
~独自ドメイン取得でサイト運営者がより分かりやすく~
 情報セキュリティサービスプロバイダのサイバートラスト株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利/以下、サイバートラスト)は、9月12日、サイバートラストのSSLサーバ証明書「SureServer」の全製品(※)が、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)の「Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)」、「Amazon CloudFront」及び「Amazon Elastic Load Balancing」に対応したことを発表いたしました。

 AWS は、グローバルマーケットで数十万、日本でも二万以上が利用するクラウドサービスです。初期費用が不要で使った分だけ支払うという料金体系や拡張性と信頼性の高さが受け入れられ、AWSのユーザは急激に拡大しています。
 今回の対応で、これまで「Amazon EC2」、「Amazon CloudFront」及び「Elastic Load Balancing」を利用し、独自ドメインを設定したいと考える企業等のユーザが、サイバートラストのSSLサーバ証明書「SureServer」の全製品(※)を利用できるようになりました。独自ドメインの設定によって、ユーザが運営するWebサイトであることを、Webサイトの訪問者がより認識しやすくなるため、Webサイトへの安心感を高めることができるようになりました。

 サイバートラストでは、多くのユーザ企業が利用するクラウドサービス等への対応を通じて、安全性、信頼性の高いWebサイトの増加に貢献し、今後もひとりでも多くのインターネット利用者が安心してインターネットを利用できる社会を目指します。

※ SSLサーバ証明書「SureServer」の全製品は以下のとおりです。また、各製品には、クラウドライセンス版の「forクラウド」、マルチドメインオプションの「MD」が含まれます。

・SureServer [2048bit]
・SureServer [SHA-2]
・SureServer EV [2048bit]
・SureServer EV [SHA-2]

※ SSLサーバ証明書「SureServer」についての詳しい内容、及び購入については以下のWebサイトをご参照ください。
https://www.cybertrust.ne.jp/ssl/index.html

サイバートラスト株式会社について

サイバートラストは、Webサイトの実在性を証明するSSLサーバ証明書発行サービス、各種ユーザ認証や電子メール保護、電子文書への電子署名などを実現する認証局アウトソーシングなど、PKI(公開鍵基盤)を利用した製品及びサービス、ならびにマネージドセキュリティサービス、セキュリティコンサルティングを提供する情報セキュリティサービスプロバイダです。サイバートラストは、あらゆる人々や企業、組織に「信頼」を提供することで、安心・安全なICT社会の実現に貢献します。

サイバートラストの詳しい情報は以下のWebサイトをご参照ください。
https://www.cybertrust.ne.jp/

※ アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、Amazon EC2、Amazon CloudFront、Amazon Elastic Load Balancingおよび Amazon Web Servicesロゴ は、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。

※その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

報道関係者様からのお問い合わせ

サイバートラスト株式会社
広報担当:佐瀬
Tel:03-6234-3800
E-mail:

お客様からのお問い合わせ

サイバートラスト株式会社
Tel:0120-957-975 (平日9:00~18:00)
E-mail:

list page