サイバートラスト

メールマガジン
RSSフィード

サイバートラストニュース 2019年6月号

2019 年 06 月 26 日
 サイバートラストニュース

こんにちは。サイバートラストニュース編集部の廣田です。
今回は「コード署名証明書」についてです。コード署名証明書とは何か、なぜ必要なのか、などをご紹介します。
その他、7/5(金)に開催される無料セミナーでは、SSL/TLSサーバー証明書の最新業界動向とサーバー監視について詳しく説明します。

「コード署名証明書」によるソフトウェアの安心と安全とは

そもそも「コード署名証明書」とは、開発者がソフトウェアにデジタル署名をおこなうことで、ソフトウェアの「発行元」や「ソフトウェアが改ざんされていない」ことをユーザーに明示し、正規品であることを証明するものです。

「コード署名証明書」の利用により、ソフトウェアのダウンロードや実行時の警告が非表示になることで、警告表示に不安を感じた利用者がソフトウェアの利用を取りやめるという ケースを少なくすることができます。

併せて、Internet Explorer® 9以降またはWindows® 8以降において、提供開始当初からマイクロソフトのSmartScreenフィルタ機能の高評価を得ることも可能です。

コード署名証明書の必要性

コード署名証明書の仕組みとラインナップ


サイバートラストの「コード署名証明書」は、1ライセンスで複数のプラットフォームに対応可能です。


2020年11月30日終了! CentOS 6のメンテナンス更新

CentOS 6のメンテナンス更新は2020年11月30日で終了します。
終了後は、重大な脆弱性が発見されても修正パッケージは提供されません。

そこで、「CentOS 7への移行が間に合わない」「CentOS 6をしばらくは使い続けたい」 というお客様からのお声にお応えし、「Linux延長サポート for CentOS」をリリースしました。

詳しくはこちらから


セミナー情報

【7/5日開催/残席僅か/無料セミナー】
SSL/TLS サーバー証明書の"今"が分かる! 最新業界動向と知っておきたいサーバー監視

常時SSL化の普及やSSL/TLSサーバー証明書に関する外部規制などにより、サーバー証明書の運用には新たな課題が生まれています。

本セミナーでは、SSL/TLS サーバー証明書の最新業界動向やブラウザベンダの最新動向など交えて、課題と解決策についてご紹介いたします。

併せて、サーバー証明書の管理をはじめとしたWeb運用で多く寄せられる課題に対して、 Zabbix ベースの監視ソリューションの活用方法などをご提案します。

日時: 2019 年7月5日(金) 15:30~17:00 (受付開始 15:00 ~)
場所: サイバートラスト本社 セミナールーム
https://www.cybertrust.co.jp/corporate/office.html
申込: 事前登録制

詳しくはこちら お申し込み


東京/大阪開催
待ったなし! 2020ビックイベントに備えるセキュリティ対策セミナー

本セミナーでは、ますます複雑化、巧妙化が進むサイバー攻撃における最新のメールセキュリティ対抗策と、テレワークなどでの働き方改革の推進とともに必要とされる情報セキュリティ対策についてご提案します。

東京会場: 2019年7月16日(火)14:00~17:00(受付開始:13:30)
お申込み・詳細はこちら
大阪会場: 2019年7月24日(水)14:00~17:00(受付開始:13:30)
お申込み・詳細はこちら

 編集後記

紫陽花がきれいな季節になりました。
梅雨ならではの気候ですが、通勤途中を楽しませてくれています。
さて、先週末に金沢・福井の弾丸旅行に行ってきました。土曜日はお天気にも恵まれ、福井では、名物のおろし蕎麦も堪能しました。これから暑さも日増しに厳しくなりますので、お身体ご自愛ください。

最後までお読みいただき、有難うございます。

  • 前の記事へ
  • HOME
  • 次の記事へ

メールマガジン購読者募集中!

バックナンバー