GALAXYの利点を最大限に生かしたもっとも高機能な端末管理サービス
サイバートラスト デバイスマネジメント アドバンスド for GALAXY6つの特長
  • [特長1]先進的な端末管理
  • [特長2]端末機能の制限
  • [特長3]アプリ管理
  • [特長4]不正改造の検出
  • [特長5]位置情報の取得
  • [特長6]マルチテナント

特長1:国内初、GALAXY向けの先進的な端末管理

SAMSUNG社が提供するAPIに対応します。一般的なAndroid向けMDMのアプリケーションレベルによる管理と異なり、OSレベルでGALAXYを管理することでアプリケーション競合の心配がなくなり、安定した管理が行えます。
OSレベルでGALAXYの端末管理ができるMDMサービスは、サイバートラスト デバイスマネジメントが国内初※です。

※2012年8月現在、当社調べ

OSレベルの安定した管理
OSレベルでの管理により、運用コストを抑え、安定した管理を実現
お問い合わせ・お見積はこちらから
page top

特長2:端末機能の制限で情報へのアクセスをコントロール

端末の機能制限によって、ネットワークアクセス環境を選別し、意図しないネットワークからのアクセスをコントロールできます。安全性の高いネットワークからのみ情報資産にアクセス可能な環境になることで、スマートデバイスの利用価値を高められます。

Wi-Fi、Bluetoothの無効化・カメラ、マイクロフォンの無効化・内部ストレージ、SDカードの暗号化
端末機能をコントロールすることで、スマートデバイスを安全に活用できる範囲を広げます。
お問い合わせ・お見積はこちらから
page top

特長3:アプリケーションの効率的な管理

アプリケーションのインストールからアンインストールまで、強固なアプリケーション管理を実現し、ユーザによる不許可アプリケーションの利用を防止できます。さらに、ユーザが問題のあるアプリケーションを利用していることが判明した際に、管理者が遠隔で強制的にアンインストールできるため安心して管理ができます。

アプリケーションの効率的な管理
ユーザによる直感的なアプリケーションのインストール/更新を支援スマートデバイスのアプリケーション管理負荷を低減
お問い合わせ・お見積はこちらから
page top

特長4:不正改造端末(root化)の検出

「root化」によりAndroid搭載端末の制限を取り外し、端末メーカーや管理者が意図しない端末の利用をすることで、さまざまなリスクが顕在化します。 サイバートラスト デバイスマネジメントは、「root化」の検出機能により、管理者が不正な端末を管理画面で確認し、社内ネットワークから切り離したり、初期出荷状態に戻すなど、リスクへの対応が取れるように支援します。

不正改造端末(root化)の検出
企業の業務利用における「root化の検出」により、情報漏えいリスクを低減
お問い合わせ・お見積はこちらから
page top

特長5:端末位置情報の取得

スマートデバイスの位置情報を地図上に表示します。端末を紛失した際に、置き忘れたのか盗難に遭ったのか、リモートワイプなどの操作が必要かといった判断の参考になります。
また、端末の回収に役立ちます。

端末位置情報の取得
紛失や盗難時の所在確認への活用が可能
お問い合わせ・お見積はこちらから
page top

特長6:マルチテナントによる柔軟な管理

企業にとって本当に大切なのは、端末制御のツールではなく、セキュリティポリシに準じて、あるいは企業組織構造に応じて、適切に端末を管理することです。
グループ企業の会社単位や支店単位、組織単位などの管理対象範囲をテナントとして分割し、マルチテナント下での集中管理・分散管理を柔軟に実現することで、統制のとれた端末管理と管理コスト削減に貢献します。

マルチテナントによる柔軟な管理
スマートデバイスのセキュリティ統制と管理負荷・コスト低減を実現中小規模から大規模まで対応可能なスケーラビリティ
お問い合わせ・お見積はこちらから

その他、製品に関するお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)0120-957-975 Webでのお問い合わせ(24時間受付)お問い合わせフォームへ
page top
pagetop